ビジュアル コンセプト

建築パース制作

 

スタイラスの建築パース

 

スタイラスは、筆レンダリングやCG建築パース 完成予想図、その他様々なメディア制作経験を続けながら、東京を拠点に世界へクリエイティブデザインを提供しています。

日常自然に感じるささいなディテールを描写し、ナチュラル素材を光と共用させて引き立たせ、さりげないカメラワークを駆使したビジュアルを提供しながら、クライアントのクリエイティブニーズに反映させることを目標にしています。

スケッチングからプロモーショナルコンセプトまで様々なカスタムデザインを制作し、いつまでも印象に残り何度見ても見飽きないレンダリング制作を目指しています。
 

 

 

スタイル & デザイン

 

建築パース制作はカメラアングルから始まり、建築コンセプトにフォーカスを置いてそのデザインを強調するスタイルや、建物全体を捉えてその現場環境での建物デザインを強調する場合など様々ですが、それらのデザインに沿って不自然さを感じない自然と目に映るアングル設定を目指しています。

ライティングは様々な角度からの選択がありますが、あらゆる角度からテストをかさね、最も自然できれいにデザインが強調されるライティング設定で進めます。日差しの強弱や、サンセットグラデーションなどをコントロールしながらセンスを踏まえたスタイルで進めます。

最終仕上げにあたって、人の目は何か不自然な箇所があればそれを素早く察知します。いかにそのCG の不自然さを無くすことにより、何も違和感がない自然なビジュアルに変わっていきます。スタイラスでは、それに加えてスタイリッシュなスタイルをレンダリングに表現しながら制作することを目指しています。

 
 
 
 

ディテールのこだわり

フォトリアル建築パース を制作する上で細かいささいなディテール “Attention to Detail” を表現することは最も重要なプロセスの一つです。これを要求されるCGテクニックは様々なハイレベルの知識や技術、センスが必要とされ、よりフォトリアリズムを追及するプロセスです。表現方法やテクニックはあらゆるコンディションがあるため幅広く、スタイラスではそれぞれ独自の技術で巧みにさりげなくアレンジしながら自然な表現をもたらしています。

建築レンダリング

 

 

 

パーケット

 

日常生活で何気なく残ってしまったパーケットのキズ。デスクを移動したり、フレッシュなインテリアデザインで家具をリアレンジしたり、また新たなソファを購入して今のと交換したりと、その様な過程で知らずと残ってしまったキズなどを表現することでより自然な感じが伝わります。

フル3D CG フォトリアル 建築パース

 

 

 

アスファルト

 

縦横無尽に走りめぐるアスファルト道路の無数のクラック。道路工事で残ってしまったクラック、自然災害からのダメッジ、経年劣化で自然発生したもの、様々ありますがこれも細かいディテールの一つで、パーケットと同様にフル3D モデルの独自のテクニックで表現することによりフォトリアリズムを追及しています。

フル3D CG フォトリアル 建築パース

建築レンダリング

雨上がりの建築パース-モバイル

 

Smudge & Grunge

 

長い年月が経つと自然天候などによる汚れが徐々に目立ち始めます。屋根材が錆びてそれが壁の木材にしたたり落ち汚れとなって残ってしまったり、コンクリート基礎には長年水に打たれて他の要素と一緒になりながらしみとなって残ってしまったりと、街を歩くと自然と目に映る日常の出来事です。これらも同様に、スタイラス独自の3D CG テクニックで表現しています。

フル3D CG フォトリアル 建築パース